心の教育で次代を担う人づくり

耕雲塾は、「耕雲種月(雲を耕し、月に種を植えるように、高い理想を掲げ、着実に努力する意)」

NHK札幌文化センター 写経と坐禅-禅を聞く会-「うれしい時には心底から喜び、悲しい時には心底から悲しむ」

ホーム  >  ブログ  >  ブログ  >  NHK札幌文化センター 写経と坐禅-禅を聞く会-「うれしい時には心底から喜び、悲しい時には心底から悲しむ」

ブログ - NHK札幌文化センター 写経と坐禅-禅を聞く会-「うれしい時には心底から喜び、悲しい時には心底から悲しむ」

NHK札幌文化センター 写経と坐禅-禅を聞く会-「うれしい時には心底から喜び、悲しい時には心底から悲しむ」

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
耕雲塾 2014/1/22 15:57
 平成26年1月19日、13:00~14:30まで、NHK文化センター 札幌教室にて開催された。

 途中休憩をはさんで、13:30分頃まで椅子坐禅。その後、約30分、写経をする。
 つづいて、老禅子の法話。今回の題は、「幸福について」。人によって、また年代や時代によって、幸福の感じ方はちがう。人生は四季に例えられる。春は幼少期、夏は青年期、秋は壮年期、冬は老年期。日本には100歳以上が5万人おり、その80%が寝たきり。数年後は10万人になると言われている。昔はシルバーと言われた世代が日本の活力を担っている。いったん何かあった時、名誉や財産はあってもあてにならず、最後に頼りになるのは健康と心の持ちよう。まず、健康が大切。自分の身体が発しているサインを読みとること。
 そして、心のケア。心のモヤモヤを掃除して「天上天下唯我独尊」である、世界で唯一のかけがえのない自分と向き合う。うれしい時には心底から喜び、悲しい時には心底から悲しむ。大自然の四季のように、色々な日を精一杯生きることである、と今回は早めに話を終えられる。
                                            (参加者  男性2名、女性3名)

 終了後、教室でお茶とお菓子をいただきながら、30分ほど茶話会を持つ。あまり禅のことには触れず、各々がお正月をどのように過ごしたかを話し、懇親を深めました。

芙蓉 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1291)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kouunjuku.org/modules/d3blog/tb.php/27